2016年8月26日金曜日

ケープタウンから、ジョハネスバーグまで3,700 KMのミッション From Cape Town to Johannesburg, A mission of 3,700 KM





ケープタウンから、ガーデンルート、ジェフリー ズ・ベイ、ダーバン、スワジランド、クルーガー国立公園を経由して、ジョハネスバーグまで3,700 KMの運転をしました。
私たちの子供たちが、このアフリカを経験をすることは良いと思ったが、この旅行をするのは私のエゴでした。17歳のとき、1)日本1周、2)オーストラリアを自転車で1周、3)アフリカを横断の3つのミッションを作りました。https://www.facebook.com/cycle93oz/ 第二のミッションを完了した後、私は大学に行くことにしましたので、私のアフリカの夢は実現しませんでした ---今までは。
自転車にはなかったですが、少なくとも、第三のミッションの約20%を完了しました。これは、この旅行の私の隠していたアジェンダでした。いつか、ヨハネスブルグから、このミッションを継続できたらいいです。
だから、私はこの旅行を実現することを助けてくれたみんなに感謝します。トリシア:日程を決めてくれてありがとうございます!ルミは:長い長い走行中のナビゲーターとチャットメイトになってくれてありがとう!私たちの子供達:VWバンの時間で48%の時間きちんと振る舞ってくれて本当に感謝! Su-re.coチーム:バリでの私たちの道場の世話をしてくれてありがとう!バリやパリで再びお会いすることを楽しみにしています!
クルーガー国立公園から出てきたとき、禅寺から戻って来たのと同じ感覚になりました。動物界はとても純粋であり、そこにもっと長く滞在したいな〜を思いました。これは、環境問題にもっと取り組む動機を私に与えます。
とにかく、Hakuna Matata - なんとかなりますよ!

Driving 3,700 KMs+ from Cape Town, via Garden route, Jeffery's bay, Durban, Swaziland, Kruger National Park, to Johensburg City South Africa
I thought it was good for our kids to have this African experience, but it was more as my ego to make this trip. When I was 17 years old, I made 3 missions such as 1) riding all around Japan, 2) cycling all around Australia, and 3) crossing Africa. After I completed my second mission in Australia https://www.facebook.com/cycle93oz/ I decided to go to an university. So, my African dream has not realised --- until now. 
Although I was not on my bicycle, at least, I completed about 20% of my 3rd mission. This was my hidden agenda of this trip. One day, I hope to continue this mission from Johannesburg. 
So, I would like to thank you everyone to make this trip happens.  Tricia: Thank you for arranging our logistics!  Rumi: Thank you for being a navigator and a chatting-mate while our long long driving! Kids: Really thanks for behaving super well in 48% time in VW van!  Su-re.co team: Thanks for taking care of our Dojo in Bali! I am looking forward to meet you again in Bali or Paris!
When I came out from Kruger national park, I had same feeling as I came back from a zen temple. The animal kingdom was so pure and I wished I could be there longer. This motivates me working more on environmental issues!
Anyway, Hakuna Matata - do not worry! 




2016年8月22日月曜日

スワジランドでの薪や調理ストーブの問題 Another firewood and cooking stove problem in Swaziland


私の家族は、2016年8月20日に農村スワジランドでSebu氏を訪問しました。この地域の人々は、調理用の薪で生活しています。女性は薪を収集する責任があります。たとえば、Sebusの妻、夫人Gamenoteは二週間ごとに薪を収集するために1キロ歩きます。薪は室内で使用されています。状況は、私が西バリを含む世界の多くの部分で見たものと似ています。室内汚染、森林伐採、安全でないエネルギーなどの複雑な問題です。

Sebu氏は働き者であり、多くのエンジニアのスキルを持っており、エンジニアリングの解決策で人生を改善したいと思っています。彼はSu-re.coのバイオガス・バッグに興味があります。彼に実用的な設計を送ることを願っています。


We visited Mr Sebu in rural Swaziland on 20 Aug 2016, Mr Sebu’s house in Swaziland with my family. People in this region is living with firewood for cooking. Women are responsible to collect the firewood. For example, Sebus’ wife, Mrs Gamenote walkes up to 1 km to collect the firewood every fortnight. The firewood is used at an indoor kitchen. The situation is similar to what I have seen in many part of the world including West Bali. It is the complex problem of indoor house pollution, deforestation, insecure energy, etc. 

Mr Sebu is a hard worker and has many engineering skills and wanting to improve his life with engineering solutions. He is interested in the Su-re.co's biogas bag digester.  I hope to send a workable design to him later.












2016年7月21日木曜日

温室、エコ・コーヒー、バイオガスの、シンク&Doタンクの日 Another day of think-&-do-tank with greenhouse, ecological coffee and biogas.





Su-re.coチームにとっては、もう一つの、シンク&Doタンクの日でした。今日、私たちのマーケティング頭脳であるフロリアンとカルロは、来週ジンブラナでコーヒー豆を乾燥させるための、温室を自分の手で建てました。一時間後、彼らは、アルバ、シャファア、およびアミラと、Skype経由でバルセロナとケープタウンの欧州Green-Winプロジェクトの教授に販売ピッチをしました。彼らは、ポータブル・バイオガスバッグとエコ・コーヒーの相乗効果を説明しました。


Another think-&-do-tank day for our Su-re.co team. Today, our marketing brains, Florian and Carlo, built a green house with their own hands to dry coffee beans in Jimbrana next week. One hour after that, they made a sales pitch with Alba, Chafia, and Amira to the EC Green-Win project professors in Barcelona and Cape Town via Skype. They explained the synergy of a portable biogas bag and ecological coffee.

2016年7月19日火曜日

ポータブル・バイオガス製造機を設計する、フランス人の新しいインターンによる、su-re.coの「科学が基準」文化。Science based as a su-re.co's culture by new French intern designing a portable biogas digester.






Su-re.coはシンクタンクだけではなく、「実行」タンクでもあります。新しいフランス人エンジニアリングのインターンであるシャフィアとアミラは、考えて、実行して、この事を学んでいます。
先週の土曜日、彼らはHungry birthチームとコーヒー豆の育て、乾燥、選択する方法を学びました(ありがとう!ミスターEdo)。今日、TRANSriskプロジェクトの下、ストックホルム環境研究所のチームに、バイオガス生産の環境の利点を説明しました。
彼らは、私たちの第二の文化「科学が基準」をさらに高めました。彼らは西バリでの気候変動と貧困緩和のための対策として、コーヒー焙煎のために使用される携帯用のバイオガス製造機を設計しています。最初の週に、彼らはすでに、再生可能エネルギーに関する国連コンペに提出しました。 頑張れ!!


Su-re.co is not only think-tank, but do-tank. New engineering French interns, Chafia and Amira are learning this by thinking and doing. 
Last Saturday, they learnt how to grow, dry and select coffee beans with Hungry Bird team (thank you! Mr Edo). Today, they explained the environmental benefit of the biogas production to a SEI - Stockholm Environment Institute team under TRANSrisk project.
They brought our 2nd code of culture, "science based" even higher. They are designing a portable bio-gas digester which will be used for coffee roasting as a measure for climate change and poverty alleviation in West Bali. In the first week, they already submitted a UN competition on renewable energy. Go for it!!

2016年6月25日土曜日

「バリでの気候変動と稲作生産性の脆弱性評価を文脈的に特定する」su-re.coの最初の学術誌の出版 "Identified vulnerability contexts for a paddy production assessment with climate change in Bali, Indonesia" 1st su-re.co academic publication


Su-re.coの最初の学術誌の出版物を発表します。「バリでの気候変動と稲作生産性の脆弱性評価を文脈的に特定する」は、インドネシア気象庁のウィダダ氏、エドヴィン氏、シーラとストックホルム環境研究所と書きました。
私たちは、コミュニティベース政策志向のアクションを「きちんとした」科学研究と知見に基づいて行います。この記事を読んでみたいのなら、連絡してくださいね。


I am please to announce the 1st su-re.co academic journal publication, "Identified vulnerability contexts for a paddy production assessment with climate change in Bali, Indonesia" with Widada SulistyaEdvin AldrianSheila Dewi Ayu K from Indonesia Met Office www.bmkg.go.id and SEI - Stockholm Environment Institute
We do community-based and policy-oriented actions based on solid scientific research and findings. Please let me know if you are interested in reading this article. 

Abstract
Indonesia is one of the countries that is most vulnerable to climate change. As a small Indonesian island, Bali is likely to also be affected by climate change impacts, including rising sea levels, drought, and flooding, which will also impact on its paddy production. This paper shows how the focus area of vulnerability assessments in Bali has been identified, based on multiple assessments including literature reviews, statistical assessment, stakeholder and policy assessment, and interviews with farmers. A project team applied a six-step process to identify issues linked to climate change, the purpose and system of vulnerability assessment, potential risk/harm in context, and potential variables for a further assessment. The team identified paddy production as a significant issue, and the purpose and system was the Presidential Decree No.5 on paddy production. Significant concerns linked to paddy production included droughts, land use change, and potential variables for vulnerability assessment such as water level and the price of rice. This paper suggests how adaptive measures should be implemented to handle paddy production in a changing climate. The results of this paper were used by a vulnerability assessment on rice paddy and climate change [Takama, T., Setyani, P., & Aldrian, E. (2014). Climate change vulnerability to rice paddy production in Bali, Indonesia. In W. Leal Filho (Ed.), Handbook of climate change adaptation (pp. 1–23). Berlin: Springer].
https://www.researchgate.net/publication/304067824_Identified_vulnerability_contexts_for_a_paddy_production_assessment_with_climate_change_in_Bali_Indonesia

Facebook

zenback